JEEP TJラングラー PCM ECU修理

JEEP TJラングラー PCM ECU修理

本日はJEEP TJラングラー 2002モデルのPCMの修理をご依頼頂きました。

 

エンジン不調で部品交換や点検を進めて最終的にPCMの異常に行き着いたとのことです。

注意:内部の部品を破損する可能性が高いため、絶対に開封しないで下さい。破損・欠品した場合は修理不能となります。
JEEP TJラングラー PCM ECU修理
シーリングされている蓋を慎重に開けます。

シーリングされているアルミの蓋を慎重に開けます。

 

中の基板はシリコン系の樹脂でコーティングされていました。

 

修理するにはこれを除去しなければなりませんが、通常の除去剤では全く刃が立ちません・・・

 

高価な特殊溶剤を使って除去していきます。

JEEP TJラングラー PCM ECU修理
コーティングを除去した基板

除去が完了しました。

 

これだけでもかなりの手間が掛かります。

 

さて、点検を進めていきます。

JEEP TJラングラー PCM ECU修理
半田のクラックが確認出来ます。

点検を進めていきますが、画像の様なクラックが確認出来ますが、原因の特定には至りません。

 

全体的に半田の状態は良くなかったので、お客様と相談させていただき、リスクをご理解頂いた上で、全数半田修正で進める事になりました。

JEEP TJラングラー PCM ECU修理
状態の悪い半田は取り除きます。

状態の悪くなった半田恐らく鉛フリーと思われますので、除去して信頼製の高い鉛入りの半田で再半田していきます。

JEEP TJラングラー PCM ECU修理
修正後の半田 ツヤがあり綺麗です

こちらが修正後の端子部、ツヤのある綺麗な状態のフィレットが形成出来ています。

JEEP TJラングラー PCM ECU修理
このような感じになります。

端子部は力が掛かるので、クラックが発生しやすくこの部分の修正は非常に重要です。

JEEP TJラングラー PCM ECU修理
全体の修正が完了

基板上の全ての端子を修正いたしました。

 

相当な数ですので一苦労です。

 

電解コンデンサも交換してあります。

JEEP TJラングラー PCM ECU修理
最後にコーティングを施します。

最後に基板をコーティングして、フレームに接着して完成です。

 

PCMを返送後、実車テストにて無事正常動作になったとご報告をいただきました。

 

修理が成功して一安心です。

 

この度はご依頼ありがとうございました。

 

追記:
その後、台数を重ねましたが、やはり症状が改善しない物も有ります。割合としては3,4台に1台ほどで、他のECUよりリスクが高くなります。