BMW R1200RT ABSユニット修理

BMW R1200RT ABSユニット修理
お預かりしたABSユニット

今回はバイクの修理です。

 

お預かりしたのは BMW R1200RT のABSユニット

 

新品はかなり高額とのことで、なんとか修理ができないかとご相談頂き、リスクが高いことと、お時間が掛かる事をご了承の上でお預かり致しました。

 

FTE S2AB90040 ABS-ⅢCAN

 

というコントロールユニットがついています。

 

ダイアグ診断では ABSコントロールユニット不良 が出力されるとのこと。

BMW R1200RT ABSユニット修理
取り外したコントロールユニット

コントロールユニットを分離致します。

 

こちらのABSは機械系の故障も多いようですが、その場合は弊社では対応ができません。

 

あくまで、コントロールユニットの不良のみを修理させて頂きます。

 

しかも、こちらの基板は除去が大変困難なコーティングが施されています。

BMW R1200RT ABSユニット修理
コーティングを除去した基板

配線類を外し、やっとの思いでコーティングを除去致しました。

 

ここから点検を進めていきます。

BMW R1200RT ABSユニット修理
修理を終えた基板

こちらの基板、原因究明のために、バルブボディのチェックから始まり、かなりの時間をかけて診断致しました。

 

途中挫折しそうになりながら、半年間もお待ち頂き、修理を完了しました。

 

修理を終え、コーティングを施した基板です。

 

分かってしまえば簡単なことですが、本当に苦労しました。

 

ただ、必ず直るとは言い切れませんので、リスクはあります。

 

納品させて頂き、無事に正常動作するようになったとのことです。

 

この度はご依頼ありがとうございました。