村岡カーユニットリペア


Information

2021/10/19

現在多くのご依頼を頂いておりますことと、困難な修理を複数抱えており、

修理・点検作業に大変時間が掛かっております。

ご依頼をいただいても点検まで1ヶ月以上のお時間が必要となります。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の上お問い合わせいただきますようお願い致します。

お問い合わせへの回答も、遅延気味となっております。大変申し訳ございません。

 

尚、ご依頼数が想定を超えており、誠に申し訳ありませんが10月29日のお問い合わせ分までで、

お受け付けを休止させていただきます。

場合によっては再開が年明けとなります、ご了承いただきますようお願いいたします。

 

リペアブログ随時更新中。

尚、ブログには過去の勤務先での記事が含まれております。

 

現在新型コロナウイルスの影響により部品の入手性が悪くなっております。

場合によっては、入荷まで長期お待ち頂く可能性が有りますので、ご了承ください。


カーユニットリペアとは


エンジンコンピューターをはじめ多くのコントロールユニットによって現代の自動車は走行が可能になっています。もしそんなユニットが壊れてしまったら、エンジンが掛からなかったり、車検に通らなくなってしまったりします。

壊れてしまったコントロールユニットはただの廃棄物ではありません。

適切な修理を行うことにより、継続して使用することが可能です。

 

サービス内容


故障したコントロールユニットをはじめ、スイッチひとつまで、あらゆる電装品を可能な限り現品修理し、お車を大切にされているユーザー様のお力になります。

 

どんなものでも、まずはご相談ください。

 

弊社の特徴


「どこよりも技術が優れている」とは言いません。専門の技術を学び、設備を多く備え、高度な修理をされる業者もあるでしょう。

当店ではお客様に寄り添った、より丁寧な修理を心がけております。力及ばぬこともありますが、できる限り力になれるよう尽力いたします。

内容的に得手不得手もあります。そういった場合も正直にお伝えいたします。


村岡カーユニットリペアについて


自動車電装品整備という仕事を20年行ってきた経験の中で、いろいろな修理を行ってきました。

中でも、コントロールユニットを交換ではなく、現品修理する技術を磨いてまいりました。

通常はユニットの新品をメーカーに注文・交換しお客様や整備工場様に納車するのが普通でしたが、急いで修理してほしい、なるべく安く済ませたい、部品がもう製造していない。

そんな声に応えるべく、故障した部品を調べ、原因を探り、不調との因果関係を突き止め、コントロールユニットの内部を修理・復元・部品交換することで、当日対応や安価な修理、製造終了ユニットを再使用可能にしたりと

地元の業者様・ユーザー様に喜ばれてまいりました。

2018年からは以前の勤務先でHPを通じて全国からご依頼をいただくようになり、年間600件ほどのお問い合わせと、約300件の修理依頼をいただくようになり、限界を感じておりました。

社内では一人で対応しなければならず、作業スペースも3畳ほどと修理可能数量にかなり制限がありました。

そこで一念発起し、独立・車載ユニット修理専門店を開業いたしました。

 自動車電機装置整備士として様々な電装品のトラブルを診断してきた経験をもとに、ユニットの不良でお困りのオーナー様、整備工場様へコストパフォーマンスに優れた現品修理という選択肢を提案いたします。

 生産完了により入手できなくなった各種コントロールユニットも現品修理により継続使用が可能になります。